So-net無料ブログ作成
検索選択

MathJax で空欄 [TeX]

Web に直接簡単なTeXソースを打ち込んで,MathJax で表示させています.
今日,\fbox{} で簡単に空欄を作ろうとしたら,縦がつぶれて表示されたので,
\rule を使った支えようとしたのですが,そのままソースが表示されてしまいました.

プリミティブじゃないのかな?

対応していないってことですよね.
nice!(0)  コメント(0) 

演習プリントは色つきで [TeX]

今の学校の印刷機は,インクジェットカラー)でものすごく速い.
プリントに色を付けてみました.
color.sty では,red, blue, green, yellow 位しか使えませんが,結構見易いです.
nice!(0)  コメント(0) 

TeXに日付を入れたい [TeX]

論文でタイトルに日付を入れますが,生徒に配布する解答などで,修正をしたために同じ物を複数渡すことがあります.バージョン管理のために日付を入れたいと思っていました.

今日確かめたら,簡単に行ったので報告です.

単に,ソースに\data{\today} を入れるだけです.
nice!(0)  コメント(0) 

schlgraph2, schlfigure 更新 [TeX]

次のマクロができました。

(1)関数で挟まれた部分に斜線を引くマクロ
(2)パラメータによる平面曲線を描画するマクロ
(3)空間曲線を描画するマクロ
(4)空間の極座標による点の指定
(5)空間の視点を変更する View を更新しました。

マクロとマニュアルをあげました。

マニュアルについては、内容を修正して更新する予定です。


nice!(0)  コメント(2) 

dviout から pdf ファイルを作る [TeX]

dviout で pdf が簡単に作れるようになってから、何も考えずに使っていたので、Choose Parameter に何も表示されないときは、真っ青になりました。
新しく dviout をインストールし直しても変わりません。
Path とかもいじったのですがダメです。
read Parameter とやると、ずーと昔インストールしたフォルダを開くので、dviout の全データをそのフォルダにコピーしたところ動きました。
System で par フォルダの設定も試してみたのですが・・・

インストールで失敗した場合は、滅多にないことなので、どこかに残しておいた方が良いですね。


nice!(0)  コメント(0) 

schlfigure.sty 更新 [TeX]

数Aが終わりました。
空間図形を書く必要があって、kpic.sty の Snode を使って書いたのですが、
表示される視点が固定ですし、本当の視点ではなく、こんなものかという
視点です。そこで、視点を変えられるように内部を変更しました。
サンプルをつけたので、ご覧ください。
変更は kpic.sty ではなく schlfigure.sty にありますから、
usepackage では、kpic.sty を先に指定してください。


nice!(0)  コメント(0) 

Schlmath.sty Schlfigure.sty の更新 [TeX]

schlmath.sty
  √3や大を○に入れたいときに使う、MARUMOJIを定義しました。
  \MARUMOJI{\sqrt{3}}
  とします。
  \SANKAKU{ABC} で、ABCが斜体にならないようにしました。

schlfigure.sty
  弧の長さの相等、平行記号、線分の長さの相等記号を調整し、[ ]を省略可としました。
  点Aの座標、ベクトルABの成分を得るマクロを作りました。
  これを使った方が、Paragram, Perpgram を使うより直感的のようです。
  
  kpic では、座標を( 0, 0)のように空白を入れるとエラーになる場合があるようです。
  座標の指定では空白を入れないようにしましょう。


プロトタイプ [TeX]

TeX のコマンドを覚えるのも大変ですが、
kpic 関連のコマンドを覚えるのも大変ですね。
使っているときは良いんですが、使わないと
忘れてしまうので。
だれか、秀丸用にマクロを組む人はいないかなあ?


弧が等しいという記号 schlfigure 1.04 [TeX]

だいぶ前に三角関数の逆関数を定義しました。
これは、表題の定義をするためのものです。
最近教えている範囲が平面幾何になったので、
ついに必要に迫られて、ようやく完成しました。

schlfigure 1.04 です。


schlfigure UpGrade 1.03 [TeX]

1年の授業もようやく平面図形に入りました。
今までの機能で足りないところがいくつかありますが、
今回、線分が平行であることを表す記号を書くマクロを
定義しました。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。